message

さあ、はじめよう!!
輝く未来の外科医に向かって

プログラム統括責任者(消化器外科学教授) 藤原俊義

岡山大学病院は、明治3年(1870年)に設立された岡山藩医学館大病院に端を発し、岡山医学専門学校、岡山医科大学附属病院を経て、現在に至っています。その間、一貫して地域医療を支えるとともに、先端医療の先導的役割を担い、さらに臨床教育、生涯研修の場を提供する医師養成機関として多くの外科医師を輩出してきました。外科学講座の開設は明治21年(1888年)で、奇しくも130年目に新たな専門医師制度が動き出しました。

平成22年(2010年)からは、消化器外科(旧第一外科)、呼吸器・乳腺内分泌外科(旧第二外科)、心臓血管外科の3教室が連携して外科医を育てる外科マネージメントセンターを稼動させてきました。本プログラムはまさにその延長線上にあり、長い歴史と伝統、さらには臨床教育の実績に基づき、専攻医の皆さんが効率よく、かつ確実に外科医としての技術習得ができるよう工夫されています。多くの関連病院を有する岡山大学病院の特性を生かし、地理的にも中国四国地方から近畿圏まで、また機能的にも総合病院から地域医療を担う専門病院まで、多彩な病院群から研修病院を選ぶことができます。それぞれの病院では、豊富な症例数と活気ある指導医のもとで、シームレスにサブスペシャルティ研修に連動することも可能です。

グローバル化が進む今、学ぶ環境は広くあるべきです。中国四国をしなやかに動き、世界に羽ばたく外科医を目指してみませんか!!

藤原俊義

来たれ!
岡山大学広域外科専門研修プログラム

副プログラム統括責任者(乳腺•内分泌外科学教授) 土井原博義

学会主導の専門医制度に代わって新たにスタートした日本専門医機構の定める専門医とは「それぞれの領域における適切な教育を受けて,十分な知識・経験を持ち,患者から信頼される標準的な医療を提供できるとともに,先進的な医療を理解し情報を提供できる医師」と定義されています。外科医にとって手術の経験,手技の鍛錬は重要なことですが,それだけでなく医療面接やチーム医療の実践など多くのことが専門医には必要になってきます。幸い岡山大学および関連病院ではすでに3教室による外科マネージメントセンターが機能しており,教育セミナーや講演会,ハンズオンセミナーなどが定期的に開催されています。また本プログラムに参加している連携施設の年間手術件数は3万件を超え,さらにそこには豊富な経験を持つ指導医が多数在籍していますので若手医師の教育基盤は盤石です。さらに魅力的で参加しやすいプログラムで専攻医を全力でサポートしますので本プログラムに是非参加してください!!

土井原博義